キャッシュレス

香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 04月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   
    今日
  • 2020年 05月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    定休日

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
こちらで紹介している内容が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

お香典返しの 「掛紙(のし)」の選び方に

香典返し のし 選び方

お香典返しには掛け紙(のし)をつけるのが一般的と言われています。 掛け紙(のし)にはさまざまな種類がありますが、どれを選べばいいのでしょうか。百貨店などでは店員さんに相談をするなかでアドバイスをもらえますが、ネットなどでお香典返しを選ぶ場合は掛け紙(のし)も自分で選ばなければなりません。そこで自分で掛け紙(のし)を選ぶ際のポイントをご紹介します。

 仏式の葬儀では蓮の花が書かれた掛け紙(のし)が一般的

仏式の葬儀のお香典返しの場合、蓮の花が描かれた掛け紙(のし)を選ぶのが一般的と言われています。他の宗教の場合は、蓮の花が描かれていない掛け紙(のし)を選ぶ方と良いでしょう。蓮の花が描かれている掛け紙(のし)が用意されていないという場合は、仏式であっても一般的な掛け紙(のし)を利用してもいいと思います。

 藍銀や白黒結び切りの水引が一般的

水引は藍銀や白黒の結び切りが一般的と言われています。
結び切りは「二度と繰り返さない」という意味があります。 何度も繰り返すとよくないことに使われるので、お香典返しなどには最適と思われます。西日本では、黄色と白の結び切りを利用するケースもあります。

お香典返しの 「掛紙(のし)」の表書きについて

お香典返しの掛け紙(のし)の表書きには何と書くのが一般的なのでしょうか。その一例をご紹介いたします。

 香典返しの表書きは「志」が一般的

掛け紙(のし)の水引の上には、その贈り物が何の目的で贈られているのかがわかるような内容を書く必要があると言われています。
お香典返しの場合は「志」と書くのが一般的と言われています。宗派や地方によっては「満中陰志」「粗供養」「偲び草」「茶の子」などと書く場合もあります。「志」は宗派を問いませんので、迷ったら「志」と書く方がいいと思います。

 名前は苗字のみが一般的

掛け紙(のし)の水引の下には喪主の名前を書きますが、苗字のみを書くのが一般的と言われていますが「○○家」と書く場合もあります。

うちのし(内のし)・そとのし(外のし)という2つの包装方法がある

お香典返しの包装にはうちのし(内のし)とそとのし(外のし)といった2つの包装方法があります。
うちのし(内のし)とは、贈り物の箱に掛け紙(のし)を直接巻き、その上から包装紙でラッピングするという方法です。
そとのし(外のし)とは、贈り物に包装紙をしてから掛け紙(のし)を巻くという方法です。
正確にどちらを選ぶべき、といった決まりはありませんが、引き物としてお渡しするのか、郵送で相手に贈るのかによってうちのしとそとのしを選ぶ方がいいと思います。

 引き物として渡す場合

引き物として直接手渡す場合は、そとのしを選んでもよいでしょう。何の目的で贈られたものなのかがすぐにわかるので、相手にとっても親切と思います。

 香典返しはうちのしが一般的

そとのしに比べて、うちのしは控えめな印象を与えられます。お香典返しのようなお祝いごとではない贈り物の場合、うちのしにするのが一般的と言われています。
また、以前まではお香典返しは直接手渡すパターンが主流でしたが、近年は遠くにいる方に早く届けるため、また仕事などでなかなか会いに行けない人も多いため、郵送でお香典返しを贈るパターンも増えてきました。
宅配で贈る場合、そとのしでは贈ることが出来ないため、うちのしを選択することになります。

【まとめ】お香典返しの掛け紙(のし)のマナーを知ろう

お香典返しに利用する掛け紙(のし)のマナーについてご紹介いたしました。
お香典返しの掛け紙(のし)にはさまざまなマナーがありますが、地域や宗派によっては微妙にしきたりが違うケースもあります。
そのため事前に調べてから掛け紙(のし)を選び、書き方を考える方がいいと思います。

ギフトジャパンでは上質は包装紙・のし紙・挨拶状をご用意しております。

 

ページTOP