香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 09月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30    
    定休日
  • 2020年 10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    定休日

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
こちらで紹介している内容が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

供物は故人への感謝をこめて

葬儀の供物に関するマナ―

葬儀の祭壇には親戚、友人、知人からのさまざまな供物が並べられますが、お香典か供物、地域によっては両方を贈る習慣があると言われています。それらを供えることで亡くなられた方のご冥福を祈り、生前の交流に対してお礼の気持ちを表すと言われています。
昔は物を供えることが一般的でしたが、遠方から参列する人にとって、お供えする物を持っていくのはとても大変なことです。そのため遠方の方々が物の代わりに供えたのがお香典と言われています。本来はお香典か物のどちらかをお供えすればいいのですが、地域によっては故人や喪主と親しい人は香典と物の両方を贈ることもあると言われています。

供物は祭壇を華やかにするために祭壇から祭壇周りに飾り付けます。これは故人が多くの人に感謝されていた証しを表しています。血縁の濃さ、故人との親しさ、目上か目下かなどによって飾る場所や順位が異なります。できるだけ祭壇の調和を妨げないように、並べやすいように気を配らなければなりません。そのため、親族同士や友人同士などは、事前に供える物の大きさや金額などを打ち合わせすることが多いと言われています。

供物の相場と送るタイミングについて

供物の相場は状況によって様々ですが、一般的な相場として5,000円〜10,000円程度が目安と言われています。持参する場合は3,000円程度と言われています。連名で贈る場合は、その人数に合わせて相場が変わります。例えば「兄弟一同」「孫一同」など複数人で供物を贈る場合は、20,000円〜30,000円程度が相場の目安と言われています。
お供えするのは線香やろうそく、生花、果物、お菓子などが一般的と言われています。供物は通夜からお葬式を通して祭壇に飾られるものです。そのため、贈るタイミングは通夜の前日か当日の午前中までがいいと言われています。また、統一感を損ねるようなことになると関係者に苦労を掛けてしまいます。時には個人の趣味や仕事との関係で一風変わった物をお供えすることもあるので事前に確認される方がいいと思われます。
通夜や葬儀に参列できない場合も、故人との関係や付き合いの程度に応じて供物を送られることもあると言われています。遠方に住んでいたり、外出が困難などの理由で葬儀に参列できない場合は、供物を送ることで故人や遺族へ弔意を伝えられると言われています。

宗教による供物のルール

葬儀で物を供える際、宗教によってルールがあり、誤った供え方をすると大変失礼になってしまいます。ちなみに日本で最も多いのは、仏式と言われています。仏教の教えでは殺生をきつく戒めています。そのため仏式の葬儀では肉や魚を生臭物と言って避ける習慣があります。仏式の場合には、線香やろうそく、果物、お菓子などをお供えします。
神式の場合には、線香やろうそくなどお香に関わる物は供えないと言われています。その代わり、果物やお菓子などの食品関係にされることが一般的と言われています。仏式と大きく違うところは、海産物が許されることです。また、米や日本酒が多いのも神式の特徴です。

仏式でも神式でもお菓子は供物に適しています。洋菓子でも和菓子でも構いませんが、日持ちのするお菓子を選ばれる方がいいと思います。また、個包装形式のお菓子の方が親切な対応と思われます。理由としては、葬儀や法事の時に供えられる食品は量が多くなるため喪家だけでは食べきれないこともあり、地域によっては参列者におすそ分けする習慣があります。そのため、おすそ分けする際は日持ちのする個包装のお菓子が喜ばれると思います。これは果物にも言えることで、大きな果物を一つお供えするよりは、リンゴ、バナナ、ミカンなど分けやすい果物を籠盛りにした方が良いと思います。おすそ分けは仏様のおさがりという意味があります。 遠方から来ている場合や高齢などの事情で持てない場合を除いて、受け取らない方が失礼に当たると言われています。
キリスト教の場合には、基本的には供物の習慣はありません。しかし、生花を供えることも一般的に可能と言われているので、可能かどうかは事前に確認される方がいいと思います。

ギフトジャパンへのお問い合わせこちら


ページTOP