• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    今日
    定休日
  • 2018年 01月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    
    定休日

法事・法要のお返しについて

お返しの主旨とマナー

法事や法要の際に出席者に「お返し」をご用意しますが、これは、なによりも故人のためにわざわざ足を運んでいただいたことや、供養を無事に済ませることができたことに対するお礼や感謝の気持ちを伝えるためのものであり、そのような気持ちを形にしたものが引き出物(あるいは引き物)です。
引き出物の商品には特に制限はありませんが、法事や法要は「慶びごと」ではありませんので、華美なものや生もの、刃物などはお薦めできません。 日用品や食品(菓子類など)といった普段の生活の中で使って喜ばれるものや、近年人気のカタログギフトなどをご用意するとよいでしょう。また、法事や法要にはご高齢の方が参加されることが多いので、持ち帰る際の負担にならないよう、かさばらず重すぎない品を選ぶなどの心遣いも大切です。

のしについて

のし・包装はこちら
法事や法要のお返しに使用するのしには表書きや用紙タイプ、内のし・外のしなど様々なものがございます。
弊社では基本的にのし紙が汚れたり破れたりすることの無い内のし(商品にのしを掛けその上から包装)にてご用意致しておりますが、包装紙の上にのしを掛ける「外のし」での対応も可能です。
表書きや用紙タイプなどどのようなのしを選べばよいかわからずお困りの方は、お気軽にご相談ください。

挨拶状について

法事や法要の引き出物に挨拶状を添えるべきか迷われるかもしれませんが、引き出物のように直接お渡しその場でご挨拶できるものには挨拶状を添えなくてもマナーに反するということは無いと思われます。(但し、香典返しのように宅配便にて贈る場合には挨拶状なしでは失礼にあたる場合もありますのでなるべく添えるようにしましょう。)
法要に出席していただいた方へのお礼と感謝の気持ちは、書面ではなく、心を込めて直接言葉で伝えたいものです。

葬儀・葬式のお返しについて

お返しの主旨とマナー

葬儀や葬式に参列していただいた方々に対して、四十九日の忌明け(きあけ)後に「お返し」(香典返し)をしますが、これは、故人のために忙しい中、予定を急遽変更して葬儀のためにわざわざ足を運んでいただいたことや、香典やご供物をいただいたこと、四十九日の法要を無事済ませたことなどに対する感謝を伝えるためのものです。そのような気持ちを伝えるのにふさわしい品を選び、これに挨拶状を添えて贈ります。
香典返しは「半返し」とも言われ、いただいた香典の半額程度のものを送ることが多いのですが、一家の大黒柱が亡くなられた場合や地域の習慣によりお返しの割合に変化があるようです。その土地の習慣によりますがたいていの場合お香典の半額前後の相場の物をお返しすれば失礼になることはないでしょう。
但し、葬儀の際にある程度の金額のお返しをしている場合(即日返し)や地域の習慣などにより上記内容ではない場合がございます。

お返しの品について

お返し(香典返し)の品には特に決まりはありませんが、香典は「慶びごと」の際に贈られる祝儀ではありませんので、それに対するお返しとしては当然、華美なものや生もの、刃物などはふさわしくありません。感謝の気持ちを伝えるには、日用品や食品(菓子類など)といった日常の生活の中で使って喜ばれるものを選ぶのがお薦めです。
今一番人気の選べるギフト「カタログギフト」の大好評です。


Gift Japan

動画紹介

お買い得品からこだわりの逸品まで約6000商品
カタログギフト13コース
山田家のお香典返し

ページTOP