キャッシュレス

香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    今日
    定休日
  • 2020年 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30      
    定休日

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
こちらで紹介している内容が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

香典返しを贈る時期

香典返しと挨拶状

香典返しは忌明けに贈るのが一般的と言われています。忌明けは宗教によって異なりますが、日本で最も多い仏教の場合だと四十九日と言われています。
香典返しは、亡くなった人の葬儀に関する行事が滞りなく終了したという報告と、香典や供物をいただいたお礼を兼ねたものと言われています。香典返しの品物は、いただいたお香典の額、故人の社会的な立場や地域的な慣習などを参考にして決められていると言われています。あまり個人的な好みなどを優先していると、品物選びが複雑になってしまいます。香典額と年齢層、親しさの度合いなどを基準にしてグループ分けすると、品物選びを効率的に進めることができます。

香典返しは、本来一軒一軒伺ってお返しすべきものですが、実際には数も多く、また遠方の方もいらっしゃるので最近は郵送でお返しすることも多くなってきていると言われています。そのため挨拶状の文面には、直接お伺いしないことへのお詫びの言葉を入れられる方がいいと思います。お伺いできるところ、お伺いしてお礼を伝えたい場合には伺ってもいいと思います。
故人と親しかったご近所の方や近隣の親戚などには直接伺う場合もあります。こういった場合には、口頭で挨拶を行うことが多いです。内容は、挨拶状とほぼ同じく、通夜やお葬式へ参列していただいたお礼、弔いの行事が滞りなく終わり忌明けを迎えたことをご報告します。 直接伺う場合の服装は、忌明けの挨拶なので、お葬式と同じ黒い喪服ではなく地味な服装の方がいいと言われています。
また、香典返しを受け取った場合、お礼はしないことが一般的と言われています。理由としては、香典返しの返礼は不幸を重ねるという意味合いからも避けるのが慣例になっていると思います。

香典返しに相応しいものを選ぶ

香典返しをスムーズに終えるための第一歩が挨拶状の名簿作りです。弔問していただいた方の氏名、住所、電話番号を香典額とともに記録します。香典額別にグループ分けしておくと、香典返しの品物を選ぶときに便利です。名簿の準備ができたら挨拶状の印刷にかからなければなりません。
一般的に、お悔やみごとを長引かせないという意味合いから、香典返しの品物は消費してなくなるものがよいと言われています。しかし、最近はあまりこの点についてこだわらないことも多くなってきていると言われています。輸送中に壊れる心配が少ないことや、重量や大きさなど運賃がかかりすぎないことを念頭に置いて選ぶこともあります。
香典返しの定番の品物としては、お茶・コーヒー・紅茶などがあります。お菓子も香典返しの定番と言われています。お菓子は日持ちのするものがいいと言われています。干ししいたけやのりなどの乾物、調味料の詰め合わせなどもあります。食品関係以外で多いのはタオルやシーツなどかさばらないものが主流と言われています。
その中で最近特に多くなったのは、カタログギフトです。カタログは予算別に選ぶことができるのでとても便利です。また、受け取る側の方が自分の好みで選べるのも魅力的なところです。カタログギフトはインターネットの専門サイトでも個別に注文することもできます。カタログギフトの場合も挨拶状を同封します。

ギフトジャパンではカタログギフトと同封できる挨拶状にもこだわっております。詳細はこちら

香典返しに同封する挨拶状の文面

香典返しに同封する挨拶状の文面に関して一般的に以下の内容を注意される方がいいと思います。一つ目はお葬式や通夜に出席していただいたり、香典や供物をいただいたことに対するお礼です。二つ目は法要が滞りなく終わり忌が明けた報告、三つ目が、本来は伺うべきところ郵送や宅配便になることへのお詫び、四つ目が香典返しの品物を受け取っていただきたいという内容です。すべての内容を漏れなく含んでおり、形式的にも先方に失礼のない形式にされる方がいいと思われます。
日付は一般的には忌明けの日、四十九日または三十五日の日付にされることが多いと思われます。それ以前の日付にすると、忌明けの挨拶としては不自然になります。
差出名は、喪主の名前に加えて親族一同と記載します。故人の名前は、差出人との続柄とともに記載します。また、亡くなったことを書く場合には逝去とはいわず死去と書くことが多いと言われています。
弔事にかかわる挨拶状は、普段の手紙とは全く違う言葉遣いになるので、日頃営業文などを書き慣れている人でも難しいと思われることがあります。葬儀社や香典返しを購入される専門店ではさまざまなテンプレートを用意されていることがあります。
利用すると間違った言葉遣いをする心配は少なくなりますが、特殊な事情がある場合には、チェックされる方がいいと思います

ギフトジャパンへのお問い合わせこちら


ページTOP