香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 09月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30    
    定休日
  • 2020年 10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    定休日

近年香典返しで人気の集まっているカタログギフト

人生の中で何度か葬式を催すこともあるでしょう。この時いろいろな準備をしなければなりませんが、中でも迷いやすいと言われているのが香典返しについてです。中には数多くの参列客に来ていただくような場合もあるため、万人がもらって困らないようなものを探す必要があります。しかし時間的な制約があるので、どれにすればいいか決められないという人も数多くいます。
香典返しの金額はいただいた金額の半分くらいをお返しするのがマナーです。ところが香典は必ずしも一律ではなく、少額の方もいますし、お世話になった方のお葬式の場合、相場よりも多い金額を包んで参列される人も見られます。そうなると、一つの品物に決めるのではなく個別に対応をしなければなりません。このようなところも、香典返しをどれにすればいいか、決めあぐねてしまう要因の一つです。そこで近年特に人気になっているのが、カタログギフトです。
カタログギフトは、カタログを相手にお届けしてその中から自由に欲しいものを選んでもらうスタイルです。こちらで決める必要がないので、心理的な負担が軽減されます。しかも予算別でいくつかのコースを設けているものが多いため、もらった香典の額に応じていくつかのグループに分けて、価格別のカタログを渡せば済みます。商品も豊富に用意されていることから、もらう側も自分が本当に欲しいと思えるものを選ぶことができます。自分たちだけではなかなか決められない場合には、カタログギフトの活用も一考に値します。

予算によるカタログの選び方

香典返しとしてカタログギフトを利用すると、こちらで具体的に品物を選ばなくていいので負担は軽減されます。しかし種類が多いので、選び方には注意するようにしましょう。中でも重視しなければならないのは、金額についてです。相場の基本と言われているのは、もらった金額の半分くらいの品物を返す【半返し】で行うのが常識ですから、このラインで決めていくと安心です。例えば、1万円をもらったのであれば、5,000円相当のカタログギフトをお渡しするといった具合です。
しかし、中には関係性の深い方で、高額をいただくケースもあるでしょう。その場合、半額となるとかなり高価なものをお返ししなければならなくなります。これだともらった側も困ってしまうかもしれません。多額の香典をいただいたのであれば、半返しにこだわらずもう少し少額のお返しを検討してもよいかもしれません。ちなみに、近年当日返しというパターンも増えてきています。これは通夜や葬儀に参列する方に、その日のうちに香典返しとしてお渡しする風習です。この場合、2,500円程度が目安と言われているようです。なぜなら香典の平均を5,000円程度と想定しているからです。ただし中にはこれを超える金額を包んでくる人もいるでしょう。その場合は、後日当日返しの2,500円分を差し引いたものを香典返しとして贈るようにします。

香典返しの期間

香典返しには、法要が無事に済んだご報告とお礼を兼ねた意味があるので、忌が明ける四十九日を過ぎた後に贈るのが一般的です。 香典返しの本来のマナーは、喪主が直接持参し、挨拶と共に手渡すのですが、現在では家族や親族と離れて暮らす人が多いことから、挨拶状と共に郵送することが多くみられます。 四十九日当日から1ヵ月以内に贈るのが妥当だと言われていますが、それほど急ぐ必要はありません。 ただ、遅れる場合は、その旨をしっかり伝えることがマナーですので、忘れずに行いましょう。

カタログギフトを選ぶ際のポイント

一口にカタログギフトといってもさまざまな種類があるので、どのカタログギフトが良いのか迷うこともあるかと思います。 ここでは比較する際に重要な4つのポイント、「掲載商品数」「掲載アイテム」「配送方法」「アフターフォロー」についてご紹介いたします。
【掲載商品数】
受け取られた方がお好みの品を選べる事がカタログギフトの最大の魅力です。しかし、カタログの種類によって掲載商品数が大きく違うので比較検討する際は必ず商品数は確認したい項目です。 掲載商品数を調べる際は販売店の商品ページに記載している場合が多いので確認するとよいでしょう。
【掲載アイテム】
先様の趣味を考えずに贈ることが出来るのがカタログギフトの良いところといえるでしょう。しかし受け取ったカタログに掲載している商品が魅力的な商品が少なかった場合、「欲しいものがない」ということになってしまうかもしれません。 そうならない為にも、事前に掲載商品を確認しておきたいものです。掲載商品をホームページで確認できる販売店も多いので、購入前には確認しておきましょう。
【配送方法】
お香典返しでカタログギフトを送る場合、運送便を利用することが多いと思います。 その際、運送便の種類にも注意が必要です。カタログギフトはサイズが小さい為、メール便などポスト投函型で発送する販売店も少なくありません。 メール便は郵便受けに荷物を投函して配達が完了するので受取が不確です。また、お香典返しのような感謝の気持ちをあらわす返礼品には不向きではないでしょうか。 故人がお世話になった方々への返礼品なので、販売店が宅配便かメール便かをしっかり確かめておくことが大切です。
【アフターフォロー】
カタログギフトは先様がお好みの商品を自由に選べるギフトとして人気ですが、贈り主様としてはアフターフォローの有無はしっかり確認しておきたい項目の一つです。 カタログを受け取られた方がお申込みを忘れるケースやカタログを紛失してしまう方もいるので、そのような場合にどのような対応をするのか販売店に確認するとよいでしょう。

昨今人気のカタログギフトですが、販売店によりカタログギフトの種類やお届け方法、アフターフォローに違いがあるので、これらの項目を比較検討することが良いお香典返しにつながるのではないでしょうか?

ギフトジャパンではご予算に合わせて13種類のカタログギフトをご用意しております。詳しくはこちら


ページTOP