キャッシュレス

香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 02月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    今日
    定休日
  • 2020年 03月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    定休日

満中陰志の意味について理解しよう

満中陰志は、関東地方の方にはあまり聞きなれない言葉かもしれません。しかし関西地方では今もしばしば使われているので、もし転勤などで行くことになった場合、覚えておいて損はないでしょう。この言葉の中に含まれている中陰とは、人間が亡くなってから49日間を指します。それが満つ、つまり49日目の忌明けを意味しています。香典返しを送るのは四十九日の法要の後であり、その際に表書きに書く言葉を満中陰志と言います。
法要はとても重要なイベントになります。そのため、平日になってしまう場合には繰り上げで執り行うケースも決して珍しくないほどで、これは家族や親せきに確実に集まってもらうためです。西日本の一部地域では、満中陰のお返しである香典返しのことを呼ぶ傾向もあります。のしの表書きの他にもお礼状の文面の中で、満中陰というワードが入ってくることもあります。聞きなれない言葉で何を言っているか分からないといったことのないよう注意をしたいところです。
満中陰志の品物については、一般的な香典返しと違いがありません。消え物と言われる食べ物、日用品で誰でもあって困ることのないタオルや洗剤などを贈ることが一般的です。最近では贈られた方が確実に喜ぶものを、ということで、カタログギフトを送ることもポピュラーになりつつあります。カタログを送って、それぞれ自分の欲しいものを自由に選んでもらうという手法です。

満中陰志で気を付けるべきマナーとは

満中陰志を贈る場合には、まずタイミングについて留意することが大切です。四十九日の忌明けの後で贈るものですから、忌明けの後なるべく早く贈るのが良いですが、法要などが立て込んでいるとなかなか満中陰志まで手が回らないという場合もあるでしょう。その場合には、法要が終わって一段落したところで贈ってもマナー違反ではないでしょう。しかし、少なくとも1カ月以内には贈るようにしたいものです。
最近香典返しの方法として、当日返しも普及しつつあります。四十九日が経過する前に、通夜や葬式に参列した人へその日のうちに渡してしまう方法です。このようなスタイルを即返しといいます。ただしこの場合、満中陰志というワードは適当ではありません。なぜなら、まだ中陰が満期になっていないからです。この場合、表書きについては「志」などを使用する場合が多いようです。
気を付けるべきマナーは品物とともに挨拶状を添えることです。法要が滞りなく終了したこと、お世話になったことのお礼などを含めた文章を作成します。その他には、満中陰志の品物を贈った旨と、本来は喪主が直接足を運ばないといけないけれども書面という略儀で済ませることに関するお詫びの言葉などで構成されています。また、熨斗の表書きについても満中陰の法要後、一カ月以上たつ場合などは志とするとよいでしょう。

満中陰志の品物の贈り方

満中陰志の品物を贈る際には、のし紙を付けるのが一般的なマナーです。水引きについては結び切りを使用します。もう一つ蝶結びがありますが、弔事の場合このような縁起の悪いことは一度きりにしたいという意味を込めて結び切りにします。蝶結びにしてしまうと、何度起きてもいいという意味合いになってしまい、不祝儀には不適切です。のし紙の色については藍銀か黄白のいずれかを使用します。全国的に見ると藍銀のものを使用するのが主流のようです。ただし関西地方では黄白の水引きを使うことも多いようです。
品物の金額については一般的な香典返しと一緒と考えれば構いません。通常半返しと言って、もらった金額の半額程度の品物を贈ります。しかし中には、かなりの高額を包んでくる人もいるかもしれません。その場合にはいただいた金額の半返しにはこだわらずもうすこし少額のお返しをする場合もあるようです。
このようなことが一般的ではありますが、冠婚葬祭のルールや習慣については特に地域によって差があります。もし心配であれば、親族など周囲の方に確認を取って、その地域の習慣に倣って決めることが無難です。また、当日返しをして、それではもらった香典と釣り合いが取れない場合、後日その差額分に相当するものを満中陰志として渡すように心がけましょう。

ギフトジャパンでは満中陰志の品物を数多くご用意しております。詳細はこちら


ページTOP