キャッシュレス

香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 02月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    今日
    定休日
  • 2020年 03月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    定休日

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
こちらで紹介している内容が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

香典返しの相場や贈る時期について

香典返し のし 選び方

香典返しをもらう機会は多数あっても、渡す立場は少ないので香典返しの品物選びで迷ってしまうでしょう。葬儀業者に提示されても、多数の品物があって迷ってしまうことがあります。喪主となった方は、香典返しの定番の品物や、人気の品物をチェックしてみましょう。

 香典返しの相場は香典額の半返し

香典返しの相場は、半返しだといわれています。半返しとはいただいた香典の半額の金額でお返しを行うことを言います。たとえば5,000円の香典をいただいた場合は、2,500円分の香典返しをお渡しします。

   香典返しの時期は四十九日法要から2週間まで

香典返しをお渡しする時期は、「当日返し」と「忌明け返し」があります。当日返しとは、お通夜や葬儀当日に香典返しをお渡しする方法です。忌明け返しとは、49日法要以降にお送りします。また、当日返しで不足した分を改めてお送りする場合もあります。たとえば当日返しを2,500円で用意したとしても、香典が20,000円なら相場が合っていません。この場合に後日不足分をお贈りするという具合です。
忌明け返しの時期は、四十九日法要から2週間以内が目安です。四十九日までは忌中となるので、この期間に贈り物を避ける必要があります。香典返しは仏式のしきたりですが、神式の場合でも忌明けの五十日祭から2週間を目途に香典返しを贈ればいいと思います。

香典返しの定番の品物は?

香典返しの品物選びで迷ったら、定番品を選ぶと失敗が少なくなります。多くの方が選んでいる香典返しなら、誰もが使いやすい品物を選べる方がいいと思います。

   お茶や海苔などの食べ物

香典返しの定番品は食べ物です。食べ物のように残らないものは「不祝儀を残さない」意味からよく用いられています。よく香典返しに利用される食べ物は、お茶・コーヒー・海苔・紅茶などです。砂糖も食べて残らず、「白装束」の意味からよく用いられます。香典返しに食べ物を選ぶ場合は、相手がすぐに食べないことを考慮して、日持ちのするものを選ぶ方がいいと思います。

  白いタオルやシーツ

食べ物以外では、白いタオルやシーツも定番です。日用品は使えばなくなるもので、白を選べば故人があの世へ旅立つ意味も持たせることができます。食べ物だと安価な香典返しが多いので、値段の張る香典返しが必要なら、バスタオルやシーツなど大判のものを選ぶ方がいいと思います。

最近人気の香典返しの品物は?

相手に喜んでいただける香典返しを選びたい方は、最近人気の香典返しをお渡ししましょう。ではどういう商品が人気なのか以下に一例をご紹介します。

   有名ブランドのお菓子やタオル

誰もが知っている有名ブランドのお菓子やタオルは、贈られた人に喜んでもらえることが多いです。タオルなら有名ブランド品が幾つかあるので人気です。また、最近は今治タオルなど産地にこだわった商品をお返しする場合も多いようです。ブランド品は気になっていても普段の生活で買う機会は少ないので、多くの方に喜んでもらえることが多いです。

   バラエティ豊かな詰め合わせギフト

どの商品を選んだらよいのか迷ったら、数種類がセットになったギフトセットがあります。たとえば、食品なら紅茶とコーヒー、タオルならハンドタオルと石鹸などの組み合わせ商品を選べます。ほかにもお茶漬けと海苔のセットや、入浴剤と洗剤などの組み合わせ商品もあります。

香典返しする際の注意点・マナー

香典返しはお礼の気持ちを込めて贈るもののため、最低限のマナーが存在します。相手にも気持ちよく受け取っていただけるようマナーも注意しましょう。

   香典返しで避けるものがある

香典返しでは、肉や魚は避けるようにします。肉や魚は消えものでふさわしいイメージがありますが、昔から「四つ足生臭いもの」としてタブーとされてきました。相手の好みでどうしても肉や魚を贈りたい場合は、カタログギフトを選ぶ方がいいと思います。
お酒も神事のお供えに使われるもののため、香典返しとして不向きだと言われています。ビール券などの金券も相手に金額がわかってしまうので避ける方がいいと言われています。高額な品物を贈る必要がある場合は、相手に金額がわかりにくいカタログギフトがおすすめです。

   香典返しは「のし」ではなく「掛け紙」を使う

香典返しに使う「のし」にも注意が必要です。のしと掛け紙の違いがわからない場合はお店の人に「香典返しです」と伝えておけば、適切な紙を使用してくれます。

【まとめ】香典返しで迷ったら定番品がおすすめ

香典返しにも最低限守りたいマナーがあるので、迷ったら今回ご紹介した定番品を参考に選ばれる方がいいと思います。葬儀業者やお店で提示されるカタログを見ながら選べば、失敗を減らすことができます。

ギフトジャパンではご予算に合わせて14種類のカタログギフトをご用意しております。詳しくはこちら


ページTOP