キャッシュレス

香典返し専門店。より良いサービスや価格をご提供するため、当店のご利用は総額3万円以上からとなります
  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2020年 02月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    今日
    定休日
  • 2020年 03月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    定休日

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
こちらで紹介している内容が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

宗教ごとに違う忌明けの日

宗教 香典返しのマナー

香典返しは会葬や香典のお礼とともに忌明けの報告をすることが一般的と言われています。そのため、挨拶状の日付は、忌明けの日にするのがいいと言われています。
また、香典返しの発送も忌明けの日にすることが多いようです。忌明けとは、故人のお悔やみの行事が全て終了し、これ以降は通常の生活に戻るという意味があると言われています。近親の方が亡くなられた場合、一般的には忌明けまでは結婚式などの慶事に参列するのは遠慮する慣習があると言われています。
日本で最も多い仏教では、一般的に自宅の仏前で僧侶にお経を唱えてもらうことが多い傾向です。仏教の忌明けは四十九日なので、この日に香典返しを送ります。西日本では香典返しのことを満中陰志と言われることもあります。
神道では10日ごとに故人のために霊祭を行います。10日ごとの霊祭は近い親族が集まって自宅やお墓の前で神官に拝んでもらいます。5回目が忌明けになるので、50日祭に返礼を行うと言われています。
キリスト教には基本的に忌というものが無いと言われています。その代わり、亡くなられた日から30日程後に区切りのお祈りがあります。
葬儀に参列する場合も、ついつい仏教の常識で通用すると思ってしまいがちですが、お香典やご霊前などの考え方もマナーも宗教によって違っていると言われています。葬儀に参列する前に事前に宗教の確認をされる方がいいと思います。

宗教ごとの香典返し品のマナー

香典返し品にも宗教ごとにマナーがあります。品物そのものについても決まりごとがありますし、品物に付ける掛け紙、水引にも決まりごとがあります。香典返しのマナーとしては、使い切り、食べ切りのものが良いと言われています。その理由としては、忌事を長引かせないという意味があると言われているためです。
香典返しの条件の一つとしては、運送中に壊れないことが挙げられます。また、重すぎず、大きすぎない物の方がいいと言われています。
仏教は殺生を戒める宗教なので、魚や肉などは避けます。食品にするならお菓子や乾麺類、お茶、のりなどの乾物もよく贈られます。ただし、同じ乾物でもかつお節や昆布は慶事によく使われるものなので避けた方がいいと思います。香典返しには日用品も贈られることがあります。洗剤、せっけん、調味料、調理油などの詰め合わせのほか、タオル類も定番の品物と言われています。
最近の香典返しで増えているのはカタログギフトです。カタログの中には肉や魚の加工品や、酒類、バッグ、傘など従来では考えられないものも含まれています。受け取る人がそれぞれに本当にもらってうれしいものを選べるのでとても便利です。

宗教ごとの挨拶状のマナー

挨拶状も宗教ごとにマナーがあります。仏教、神道、キリスト教で死に対する考え方が違うと言われています。基本的に挨拶状に書くべきことは、会葬、お香典やご霊前のお礼、忌明けの報告、お返しを贈ったこと、直接伺ってお礼をしないおわびについて記載されることが一般的と言われています。
挨拶状の中でお香典という言葉が使えるのは、仏教のみと言われています。理由としては、仏教以外の宗教では仏前に線香を供えたりお焼香をしたりする習慣がないからと言われています。
神道ではご霊前、キリスト教でもご霊前または弔慰金というものを備えます。神道やキリスト教ではお返し、返礼品という言葉を使います。それ以外にもキリスト教の場合には、「志」「偲び草」「感謝」「粗品」という言葉も一般的と言われています。
挨拶状に関しては、日常あまり使わない言葉を使用するため、悩まれた場合は購入を検討している香典返しの専門店にご相談されるのも方法の一つだと思います。

ギフトジャパンへのお問い合わせこちら


ページTOP